色を求めて三千里? GoPro5茨城県内撮影編 / 設定検証動画が出来るまで。その6

レンコンです。

ゴープロの前回の続きです。


前回まででやっと、撮影に使うステーができあがりました。

いよいよ本格的に「GoPro5の設定検証動画」の撮影に取り掛かります。

さて、ちょうど季節は紅葉まっ盛り。

ということで、茨城県内の有名な紅葉スポットをネットで調べて、いくつかピックアップしました。

秋、茨城県にもいよいよ紅葉の季節到来です。自然に恵まれたいばらきには、おすすめの紅葉スポットがたくさんあります。このページでは、茨城県内各地のおもな紅葉スポットの色づき状況を随時更新しています。自然が織りなす、艶やかな色彩の情景をぜひご堪能

上のサイトに限らず、紅葉について検索してみると「〇〇日頃が見頃です」と書かれてあり、大変参考になります。

まず最初に訪れたのが「竜神峡」です。

竜神ダム

茨城県常陸太田市にある「竜神大吊橋」の真下にダムがあり、そこから周囲一面紅葉を観ることが出来ます。

ただし撮影に行った時は、少し時期が早かったようでした。

※「竜神大吊橋」では「日本一の高さ100mからのバンジージャンプ」というものがあり、僕が撮影している間も「きゃー」という叫び声が渓谷にこだましていました(笑

高さ最大100メートルとなる竜神大吊橋バンジージャンプは、シーズン常設開催サイトとしては日本最大級となります。

次に訪れたのが「西蓮寺」

茨城県行方市にある「西蓮寺」というお寺のオオイチョウも撮りに行ってみました。

駐車場から門を抜け、通路を歩いていくと左手に黄金色に染まったオオイチョウが見えてきます。

木の根元に近づくと足元は落ち葉で一面の黄金色。

静かな境内にイチョウの葉っぱが落ちる音がハラハラと聞こえてきて、まるで映画のワンシーンを見ているかのよう。

このオオイチョウはなんと樹齢1000年以上!、茨城県の天然記念物にも指定されているそうです。

今回撮影に出かけた中で、ダントツの「黄色」だったのは間違いなくここでした。

その後もあちこちに出かけて、沢山の秋の風景を撮影しました。

「これだけ揃えればカラーモードの比較に十分だろう」

などと甘〜いことを考えていたのですが、後でまとめて見てみるととても残念なことに……

それぞれの映像は単体で見るととてもきれいなのですが、秋の風景に出てくる色は偏りがあり、夏に撮影したX3000の設定検証の時のような華やかさが全然ありません。

おまけに紅葉のきれいな場所は、山の奥深くの渓谷などが多いため、映像も少し暗め。

このままではカラーの比較には不十分です。

そこでもっと違う色を探すことにしました。

まず最初に調べたのが「茨城県フラワーパーク」

花と緑の楽園 茨城県フラワーパークのホームページです。

以前「HDR-AS300の設定比較」のときには綺麗な花が沢山咲いていたので、早速向かってみました。

到着したら駐車場はガラガラ。

受付で聞いてみたところ、やはり「この季節は咲いている花が少ない」とのことでした。

残念。

そこで次に目をつけたのが、「国営ひたち海浜公園」。

あれだけの広さがあれば何かしらの良い素材がありそう……国営だし(笑

ウエブサイトによると「アイスチューリップ」が見頃だそうで、朝早くから期待して出かけていきました。

アイスチューリップは「国営ひたち海浜公園」の海側の砂丘エリアの「グラスハウス」で観ることができるそうです。

シーサイドトレイン(周遊バス)に乗って……

見えてきました。

あれかな?

あれ?

遠いよ!!

たしかに色はきれいだけどさぁ〜……

気落ちしながらもなんとかならないものかと撮影はしたものの……

広角レンズで撮影すると「空」とか「水」がメインになってしまい、欲しい絵とはちょっと違う感じ。

無念!

その後も引き続き園内を巡ると幾つか花壇がありましたが、どこもパンジーや葉牡丹が寂しく並んでいて春や夏のような派手さが足りません。

しかしそれでも、「遊園地」と「シーサイドトレイン(周遊バス)」の映像が撮れたので良しということで。

その後、「国営ひたち海浜公園」を早々に切り上げて、車で40分位の所にある「水戸市植物公園」へ行ってみることにしました。

水戸市植物公園ホームページへようこそ

ここの花壇もパンジーと葉牡丹……う、う……

しかし、この場所で思わぬ収穫がありました。

それが半円形の滝?です。

円形の滝の裏から

この滝は階段を降りて滝の裏側に回ることが出来るのですが、滝の水しぶきを通して太陽の光が差し込んできてキラキラと輝いていました。

ここでは円形の通路に沿って小走りしながら、雲間から太陽が出るタイミングを計って撮影をしてみました。

さらに園の奥へ進むと湖があり、湖畔に不思議な風景が広がっていました。

まるで日本じゃないみたいです。

まるで北欧のような景色です……行ったことないけどね、北欧(笑

この湖で撮影をしていたら、どこからともなく一羽のカモがやってきました。

撮影の間はずっとそばに寄ってきて、餌を催促してきます。

仕方がないので売店で餌を買ったのですが、餌の袋をガサガサしただけで足元に擦り寄ってきます。

とてもかわいい♪

餌を慌てて食べて喉につまらすカモ

癒やされました(*^^*)

さて、鮮やかな景色といえば、年末年始はあちらこちらでイルミネーションが開催されていますね。

冬場は陽の落ちるのも早いし、花が少ない季節なので「せめて夜はきらびやかに」ということなのでしょうか。

水戸の「茨城県立県民文化センター」では、12/25までクリスマスイルミネーションを開催しているとのことで、早速行ってみることにしました。

茨城県立県民文化センターはコンサートや演劇などの様々な催し物を行うための、大・小ホール、集会室、展示室、ギャラリーなどを備えた文化施設です。

クリスマスイルミネーション

すぐとなりに有料駐車場があるのですが、イルミネーションの見学のみの場合はなんと無料でした!

ラッキー!!

ここのイルミネーションは全体的にブルーに統一されていて、すごく幻想的。

ここで写真を撮っている高校生のアベック(古)等もいました。

青春だな〜(笑

幻想的で本当に良かったのですが、僕がほしいと思っているカラフルさとはちょっと違っていました。

そこで今度はカラフルなイルミネーションを求めて、土浦市にある「霞ケ浦総合公園」まで足を伸ばしてみました。

GoProのサムネ用に撮ってみた

実はこの場所には去年も見に来ていたのですが、昨年と違い今年のイルミネーションは数段パワーアップしており、ものすごく賑やかになっていました。

休日になると駐車場が一杯になり車が道路に溢れかえっています。

人混みを避けながらの撮影でしたが、ここで何カットか使えるものが出来ました。

再度、昼間も訪れて階段のシーンを撮影しました。

御用達の場所です(笑

こうして茨城県内での撮影で出来上がったのが「Color settig」の動画です。

ここまで茨城県内で撮影をしてきましたが、なにせ自然が豊かな土地柄なので都会的風景が少し不足している気がしました。

そこで更に足を伸ばして東京方面でも撮影をしてみることにしました。

どうせ行くのなら一度に何ヶ所も回りたいので、朝早くから車で高速を飛ばして向かいます。


GoPro HERO 5 Black 設定検証(撮影編2)へ続きます。

レンコンです。 ゴープロの前回の続きです。 「東京で撮影...

ってまだこのネタは続くのかい!(笑

レンコンでした。

【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ HERO5 Black
ゴープロ (2016-10-03)
売り上げランキング: 306

「GoPro HERO5 Black/ settings comparison」再生リスト